お隣りから境界確認のための立会を求められました。

画像が入ります
土地の境界を明確にするということは、ご自身の大切な資産管理に繋がる、大切なことです。
__境界確認のための立会とはどのようなことをおこなうのですか。
隣り合う土地の境界位置を、それぞれの土地所有者が確認することを言います。境界の位置について、土地家屋調査士が法務局等の役所、土地所有者の保管する資料等の収集、現地の調査測量を行った結果を、中立の立場で土地所有者に説明し、確認を得る作業です。
調査測量前に境界立会を行い、土地所有者の境界についての認識を調査後、測量を実施し、その後に再度境界立会を行う場合もあります。
__そもそも境界確認とはなんのために行われるのですか?
境界の位置を明確にするためです。相続などで土地を分割するため、分筆登記が必要な場合、境界にブロック塀等を設置する場合、土地の正確な面積を確認する場合等が考えられます。
__何かメリットはあるのでしょうか。
境界を明確にしておくことは、土地の資産管理のためにとても重要なことです。確認された位置に境界標識を設置することも、土地所有者双方にメリットとなります。また将来的にご自身でも土地の境界を明確にしなければならないことが起こった際に、大切なこととなります。