求人情報
認定登記基準点情報
支部紹介
CPD
リンク
サイトマップ
GET Acrobat Reader
PDFファイルをごらんいただくには「Adobe Acrobat Reader(無料配布)」が必要です。

TOP > ADR境界紛争解決センター

ADR 境界紛争解決センター
境界紛争の解決を境界の専門家である土地家屋調査士と専門家である弁護士が支援いたします
境界紛争解決センター 設立趣意書
境界を巡る紛争に関しては,境界線に対して不安を抱いた国民が,簡易に客観的な境界線の位置を確かめる手段が不足しているという現状があります。隣接の所有者間で感情的対立が深刻化し,解決が困難となる事案が多数存在しており,これに対して用意された紛争解決手段は,裁判という重厚な制度であり,解決までに要する時間は長期にわたり,費やす労力と経済的負担は多大なものがあるというのが現状です。

また,裁判制度の中でも,境界を確認するという作業に関しては,土地家屋調査士の専門資格が活用されることは周知の事実です。そして,この専門知識を活用し,感情的対立が根深いものになる前に,境界紛争を簡易,迅速に解決し,且つその結果を登記制度に反映させることが望まれていました。

他方,境界を巡る紛争は土地所有権等の複雑な権利関係を背景としているため,紛争解決には,法律の専門知識,経験が必要不可欠でもあります。

そこで,東京土地家屋調査士会では,境界の専門家である土地家屋調査士の知識経験と,法律の専門家である弁護士の知識経験を活用し,境界紛争を簡易,迅速に解決すべく東京3弁護士会(東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会)の協力を得て運営する裁判外紛争解決機関(ADR)「東京土地家屋調査士会 境界紛争解決センター」を設立いたしました。

本センターの特徴は,相談業務と調停業務を通じて,土地家屋調査士と弁護士が協議・協働して関与することによって当事者のニーズに的確に対応できることです。調停業務にあっては,当事者間の合意を目指して迅速,公正,且つ柔軟に対応し,土地家屋調査士の専門的知見を活かして充実した現地調査や測量・鑑定などを行って,当事者間の話合いの重要な参考資料とし,また必要に応じて紛争解決の結果を地図等に反映させることによって,市民の権利の明確化に寄与することができると考えています。

市民の皆様には本センターの設立の趣旨をご理解いただき,広く活用されることを期待いたします。




東京土地家屋調査士会 境界紛争解決センター
東京都千代田区神田三崎町1-2-10 土地家屋調査士会館
(※平成30年1月1日より,町名が「三崎町」から「神田三崎町」に変更となりました。)
※ 当センターに申立てを行うにあたっては,当センター相談会(事前予約制)へのお申込みが必要です。
※ 実務者が常駐していないことから,電話相談は行っておりません。
※ 専用駐車場はありませんので,車でのご来会はご遠慮ください。
TEL:03-3295-0022(要事前予約)
FAX:03-3295-4770
参考資料
東京土地家屋調査士会境界紛争解決センター概要(PDF)
東京土地家屋調査士会境界紛争解決センター規則(PDF)
東京土地家屋調査士会境界紛争解決センター運営規程(PDF)
東京土地家屋調査士会境界紛争解決センター費用規程(PDF)
東京土地家屋調査士会境界紛争解決センター事前調査規程 (PDF)
東京土地家屋調査士会境界紛争解決センターリーフレット(PDF)
東京土地家屋調査士会境界紛争解決センター利用ガイド(PDF)
朝日新聞掲載記事(平成16年8月6日)(PDF)