English  ???


求人情報
認定登記基準点情報
支部紹介
リンク
サイトマップ
GET Acrobat Reader
PDFファイルをごらんいただくには「Adobe Acrobat Reader(無料配布)」が必要です。

TOP > 私たちの業務・活動 > 私たちの業務

私たちの業務
土地家屋調査士とは
土地家屋調査士は,所有者に代理して,不動産の「表示に関する登記」手続を行うことを業務とします。また関連業務として,この登記手続に必要な不動産の調査や測量を行います。
表示に関する登記とは?
法務局に保管されている不動産登記記録(登記簿)のうち,【表題部】(ひょうだいぶ)中に記載される登記のことをいいます。不動産登記記録(登記簿)には「土地」と「建物」の2つに区別されます。
◆土地登記記録(登記簿)例
※下記の図は,あくまでも「例」となりますので,わかりやすいように「表題部」のみ着色しています。
 また,土地家屋調査士は,着色されている部分(「表題部」)に関する登記を行います。

◆建物登記記録(登記簿)例
※下記の図は,あくまでも「例」となりますので,わかりやすいように「表題部」のみ着色しています。
 また,土地家屋調査士は,着色されている部分(「表題部」)に関する登記を行います。




こんな場合に土地家屋調査士が活躍します(例1)

土地を分割したい場合

分筆後の1番10の登記簿
※下記の図は,あくまでも「例」となりますので,登記した部分のみ着色しています。


土地を分筆したことにより,新たな登記簿ができます。

また,法務局には,分筆登記に伴い,土地家屋調査士が作成した「地積測量図」が保管されます。



こんな場合に土地家屋調査士が活躍します(例2)

建物増築の場合
※下記の図は,あくまでも「例」となりますので,登記した部分のみ着色しています。



また,法務局には,増築登記に伴い,土地家屋調査士が作成した「建物図面」や「各階平面図」が保管されます。



こんな場合に土地家屋調査士が活躍します(その他の例)
土地家屋調査士は,上の2つの例の他にも土地表題登記,土地合筆登記,土地地目変更登記,土地地積更正登記,建物表題登記,建物表題変更登記,建物滅失登記などの登記申請や土地の測量,境界確認などの業務を行います。
また,境界に関する専門家であり,法務局で行っている筆界特定制度における申請代理や土地家屋調査士会で運営している裁判外紛争解決機関(ADR)センターでの代理人(弁護士との共同受任。ADR認定土地家屋調査士のみ)としても活躍しております。
詳しくは,お近くの土地家屋調査士までお問い合わせください。